2002年1月号

プロセス重視の意思決定マネジメント

メンバーのやる気と能力を引き出す

ディビッド A. ガービン

ディビッド A. ガービン

ハーバード・ビジネススクール 教授

マイケル A. ロベルト

マイケル A. ロベルト

ハーバード・ビジネススクール 助教授

組織における意思決定はいくつかのプロセスを経て行われる。そのプロセスを適切に積み重ねるのがリーダーの役割である。それを怠ると、決定内容が適切でなかったり、決定されてもメンバーの反発によって確実に実行されなかったりしてしまう。本稿では適切な意思決定プロセスとして、参加者のコミットメントを高める「探求型プロセス」を掲げ、その有効性を具体的方法とともに示す。

ディビッド A. ガービンハーバード・ビジネススクール 教授

マイケル A. ロベルトハーバード・ビジネススクール 助教授

PDF論文:12ページ[約1,752KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない