2002年1月号

「すぐれた意思決定」のアプローチ

「メタ判断」による診断論的方法論

印南 一路 :慶應義塾大学 総合政策学部 教授

印南 一路

慶應義塾大学 総合政策学部 教授

意思決定する時、我々は二つの方法論のうちいずれかを無意識のうちに選択している。統計学やゲーム理論に代表される「演繹合理主義的アプローチ」と認知心理学や社会心理学に代表される「経験合理主義的アプローチ」である。ただし、いずれのアプローチも分析してみると一長一短である。本稿では、二つのアプローチの長所と短所を解説し、これらを組み合わせ、止揚させる試みとして、「診断論的な意思決定論」をもう一つのアプローチとして提示する。

印南 一路慶應義塾大学 総合政策学部 教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない