2002年2月号

社員が納得する「効率経営」の追求

マリオット流リテンション・プログラム

ビル・マンク :マリオット・インターナショナル 副社長

ビル・マンク

マリオット・インターナショナル 副社長

ホテルは一日24時間、休むことなくサービスを提供している。サービスの質を高く維持するために、マリオットは、プライベート生活を犠牲にして長時間働くことを是とする企業文化にあった。しかし、その価値観は次第に若い世代には受け入れられなくなり、多くの優秀な人材が去っていった。危機を察知した同社は、柔軟性の高い仕事のやり方を評価する企業風土に変えようと制度を転換し、多くの実験を試みた。一連の変革の過程とその効果を、中心人物が明かしていく。

ビル・マンクマリオット・インターナショナル 副社長

PDF論文:9ページ[約939KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない