2002年2月号

天才が語る天才とのつき合い方

ダンス界の第一人者のマネジメント

マーク・モリス :マーク・モリス・ダンス・グループ アーティスティック・ディレクター

マーク・モリス

マーク・モリス・ダンス・グループ アーティスティック・ディレクター

芸術、科学、そしてビジネス ―― どの世界にも「天才」はいる。社会が進歩していくためには、必要不可欠な存在である。しかし、彼らはその才能ゆえに、周囲から敬遠されがちである。部下は彼らについてこれず、同僚は彼らの足を引っ張り、上司は彼らをうまくマネジメントすることができない。ダンスの天才であるマーク・モリスは語る。「天才は弱い人間なのです」。本インタビューでは、天才との仕事の仕方、つき合い方について聞いた。

マーク・モリスマーク・モリス・ダンス・グループ アーティスティック・ディレクター

PDF論文:8ページ[約763KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない