2002年2月号

ルネッサンス:日産復活の真実

悪しき伝統からの解放

カルロス・ゴーン :日産自動車 社長兼CEO

カルロス・ゴーン

日産自動車 社長兼CEO

絶体絶命の危機にあった日産自動車を復活させたカルロス・ゴーン。非効率資産の処分、年功序列の廃止などスピーディな経営が注目されてきたが、真の成功要因は社員の自発的な変革を促したことと、企業の尊厳を守るよう努めてきたことにある。変革と企業尊厳の擁護という相反する二つの目標を追求したリバイバル・プランの真相を本人が明かす。

カルロス・ゴーン日産自動車 社長兼CEO

PDF論文:10ページ[約1,289KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない