2002年3月号

大企業組織の限界を克服せよ

『連載』[抄訳]マーケティング発想法【第5回】

セオドア・レビット :ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

セオドア・レビット

ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

大企業はイノベーションの能力を豊富に持ちながら、それを生かせず、もがいている。効率を追求した組織構造が阻害要因になっているのだ。イノベーティブな能力を発揮するためには、独立したチームをつくり、相応の権限を与える必要があり、その管理はCEOが行わなければならない。CEOは「何でも来い」の文化をつくり出すために、組織の破壊者でなければならないのだ。

セオドア・レビットハーバード・ビジネススクール 名誉教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない