2002年3月号

ブランドの求心力は社内で醸成する

顧客に浸透させる前に

コリン・ミッチェル :オグルビー&メイザー シニア・パートナー

コリン・ミッチェル

オグルビー&メイザー シニア・パートナー

顧客にブランドを知らしめることが大切なのは、だれしも異論はない。しかし、経営者が躍起になって取り組むブランド構築の内容やそれにかける情熱は、自社の社員に、どこまで伝わっているだろうか。その問いに、すぐ返答できる企業はまだ少ない。ブランド戦略の成否は、社員一人ひとりがどこまでその内容を理解し、顧客へ情熱を持って取り組むかにかかっているのだ。本稿では、社内に対するブランド戦略の重要性と、その実践における三つの基本原則を、過去のケースと照らし合わせながら解説しよう。

コリン・ミッチェルオグルビー&メイザー シニア・パートナー

PDF論文:10ページ[約1,059KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない