2002年3月号

コーポレート・ブランドの評価と戦略モデル

隠れた競争優位の源泉を可視化する

伊藤 邦雄 :一橋大学大学院商学研究科 教授

伊藤 邦雄

一橋大学大学院商学研究科 教授

コーポレート・ブランドは、もはや企業イメージの範疇を大きく超えた概念である。それは、無形資産をシンボリックに総称したものに他ならない。これに経営全体で取り組むためには、価値測定が不可欠である。可視化できないものは、組織的な課題として取り上げにくいからだ。本稿では、企業に関わる顧客、従業員、株主の価値評価を統合した、新たなコーポレート・ブランドの評価モデルを紹介する。それは、従来の測定モデルの限界に挑戦し、財務データとイメージ・データを統合させた日本発の測定モデルである。

伊藤 邦雄一橋大学大学院商学研究科 教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない