2002年4月号

取締役会の実態と理想

実証データが示す株主価値経営への条件

正岡 幸伸

正岡 幸伸

野村総合研究所 経営コンサルティング一部 上級コンサルタント

柴山 慎一

柴山 慎一

野村総合研究所 経営コンサルティング一部 部長

新たな会社法の制定が見込まれ、取締役会の改革についての議論が再燃しようとしている。「べき論」は実態を考慮しながら展開しなくてはならない。現状では社外取締役や執行役員はどこまで機能しているか。経営者は監査委員会、指名委員会、報酬委員会をどのように見ているのか。本稿では一部上場企業等を対象に行われた調査を中心に、日本企業におけるマネジメント体制の実像を分析し、取締役会が本来担うべき役割、その機能を最大限に発揮するための条件を述べる。

正岡 幸伸野村総合研究所 経営コンサルティング一部 上級コンサルタント

柴山 慎一野村総合研究所 経営コンサルティング一部 部長

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない