2002年4月号

取締役会改革で会社が変わる三つのポイント

本社、事業部門、従業員の新たな使命

重竹 尚基 :ボストン コンサルティング グループ ヴァイス・プレジデント

重竹 尚基

ボストン コンサルティング グループ ヴァイス・プレジデント

取締役会改革の本質は、株主価値経営の徹底に向けた日本企業のマネジメントの質的転換である。換言すれば、「経済性の軸」を通すことになるが、それは必然的にトップ層だけでなく、会社全体の変革を迫る。本社は株主価値向上に直結する指標を基に事業の選択を行い、事業部門では自立と自律が存続条件となり、従業員にはプロフェッショナルな仕事と能力が求められる。変化の受容は容易ではないから、制度変更の際には、感情面に配慮して慎重に対応しなければならない。

重竹 尚基ボストン コンサルティング グループ ヴァイス・プレジデント

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない