2002年4月号

社外取締役の機能、執行役の本質

だれのための経営か

宮内 義彦 :オリックス 会長兼グループCEO

宮内 義彦

オリックス 会長兼グループCEO

商法改正によって可能になるアングロサクソン型コーポレート・ガバナンス(企業統治)の選択。社外取締役、指名委員会、報酬委員会、監査委員会といった新しい制度の機能から、導入の狙いや時代的背景までを実業界の第一人者が論考する。 三年前から社外取締役を招聘し、自身も複数企業の社外取締役を務める筆者は、社内からは得られない社外取締役の意見や、その存在が生み出す取締役会の緊張感の有効性などを経験に基づいて主張する。

宮内 義彦オリックス 会長兼グループCEO

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない