2002年5月号

マーケティング・コンセプトの現実的活用法

『連載』[抄訳]マーケティング発想法【第7回】

セオドア・レビット :ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

セオドア・レビット

ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

CEO(最高経営責任者)は、マーケティング・コンセプトを過大評価してはならない。その限界を見極め、暴走を防ぐ手立てを講じなければならない。マーケティング・コンセプトが命じるのは、会社の目標や戦略と矛盾しない範囲で、できる限り最上の顧客志向活動を行え、ということだけなのだ。

セオドア・レビットハーバード・ビジネススクール 名誉教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない