2002年5月号

ウェルチ経営は歴史に何を残すのか

リーダーシップ論の大家が検証する

ウォレン・ベニス :南カリフォルニア大学マーシャル・スクール・オブ・ビジネス 教授

ウォレン・ベニス

南カリフォルニア大学マーシャル・スクール・オブ・ビジネス 教授

ジャック・ウェルチはまさに20世紀後半を象徴する経営者であり、多くのビジネスマンに理想のリーダー像として崇められた。経営学の大家ウォレン・ベニスは、同じく20世紀を代表する経営者、アルフレッド P.スローンとの比較を鮮やかに示しつつ、ウェルチ経営を「三位一体のマネジメント」という観点から分析する。さらに、ウェルチ・スタイルが21世紀にも通用しうるのか、未来のリーダーにどのような影響を及ぼすのか等々、ウェルチが残した功績を検証する。

ウォレン・ベニス南カリフォルニア大学マーシャル・スクール・オブ・ビジネス 教授

PDF論文:9ページ[約2,083KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない