2002年5月号

ジャック・ウェルチ:ピープル・マネジメントこそすべて

わが経営の原点

ジャック・ウェルチ :ゼネラル・エレクトリック 前会長兼CEO

ジャック・ウェルチ

ゼネラル・エレクトリック 前会長兼CEO

世界で最も有名な経営者、ジャック・ウェルチ。21年に及んだ自らの経営を振り返り、自分が成し遂げたことは、「ピープル・マネジメント」、すなわち社員一人ひとり、その懐にまで入っていくことだったという。ウェルチは1981年に会長兼CEOに就任、GEを世界最大の企業に育て上げた。そして2001年 9月、ジェフ・イメルトに後を託してGEを去った。自叙伝のエピソードを交えつつ、ウェルチ自らが経営哲学を語る、決定的インタビュー。

ジャック・ウェルチゼネラル・エレクトリック 前会長兼CEO

PDF論文:11ページ[約1,435KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない