2002年6月号

未来思考の本質

『連載』[抄訳]マーケティング発想法【第8回】

セオドア・レビット :ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

セオドア・レビット

ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

経営者は意思決定と問題解決の重圧から逃れようと、未来学者の言辞に安易に飛びつきがちである。だが、それらがもっともらしく聞こえるのは、すでに存在している現実を皆が信じ切っているからである。しかし、未来は必ずしも現在の延長線上にあるわけではない。問題の本質をつかみ、自らの頭で未来を考え抜いたうえで、経営の舵取りを行っていくことが経営者としての責務である。

セオドア・レビットハーバード・ビジネススクール 名誉教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない