2002年6月号

失われた二年半 - 銅冷式エンジンからの教訓

『連載』[抄訳]GMとともに【第6回】

アルフレッド P. スローン Jr. :ゼネラルモーターズ 元会長

アルフレッド P. スローン Jr.

ゼネラルモーターズ 元会長

1921年、ゼネラルモーターズは、従来の水冷式に代わる空冷式(銅冷式)エンジンの開発に取り組んだ。実用化に至れば、業界に大旋風を起こすことになるものだったが、組織の足並みの乱れからその開発はうまくいかなかった。この失敗から、さまざまな組織が歩調を合わせること、エンジニアリングとその他の機能をうまく連携させることの重要性を学んだのである。

アルフレッド P. スローン Jr.ゼネラルモーターズ 元会長

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない