2002年6月号

社会貢献の戦略マトリックス

企業の利益と責務をどうバランスさせるか

ロジャー L. マーチン :トロント大学 ロットマン・ビジネススクール 学長

ロジャー L. マーチン

トロント大学 ロットマン・ビジネススクール 学長

社員やその家族への福利厚生、環境問題の解決、文化財団への支援、発展途上国への資本・技術提供……。企業の果たすべき社会責任は、より広がり、そしてより重くなってきている。しかし、それを果たそうとすると、さまざまな壁にぶつかる。燃費のよい自動車を製造しようとしても、他社と足踏みを揃えられなければ、競争で不利になりかねない。こうした社会貢献への障害を取り払うには、「社会責任マトリックス」を理解しておく必要がある。

ロジャー L. マーチントロント大学 ロットマン・ビジネススクール 学長

PDF論文:11ページ[約2,135KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない