2002年6月号

従業員の真の姿を見極める調査技法

心理学を応用し本音を引き出す調査設計のプロセス

パルマー・モレル・サミュエルズ :調査心理学者

パルマー・モレル・サミュエルズ

調査心理学者

多くの企業がサーベイやアセスメントを通じて従業員の意欲や業務の遂行ぶり、人材開発プログラムの効果などを測定しようとしている。だがこうした調査は、設計を誤ると重要な情報を取りこぼしやすいうえ、新たな問題を引き起こすケースも少なくない。調査から従業員の本音を引き出し、会社の実態を正しく把握するには、歪みのない答えを引き出す工夫が必要だ。そのための16のガイドラインを示した。

パルマー・モレル・サミュエルズ調査心理学者

PDF論文:11ページ[約895KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない