2002年6月号

実学としての統計学

ビジネスへの洞察を深める

国友 直人 :東京大学 経済学部 教授

国友 直人

東京大学 経済学部 教授

「統計学」と聞いて難解な微積分や確率分布の数式をイメージして、拒絶反応を示すビジネス・パーソンは多いだろう。しかし、医薬品開発などのほか、金融工学をはじめとして、信用調査や品質管理などのビジネス分野においても、統計学の考え方や手法は奥深いところで活用されている。また近年、専門的な知識を持たなくとも、ウェブで公開されている汎用ツールを用いるなどして、統計分析を実行できるようになってきた。理論と実践のつながりを知ることは、分析結果を基にした意思決定をするうえで役に立つはずだ。

国友 直人東京大学 経済学部 教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない