2002年6月号

「個」の行動分析から「全体」を予測する

【ノーベル経済学賞受賞者に聞く】計量経済学のアプローチ

ダニエル・マクファデン

ダニエル・マクファデン

カリフォルニア大学バークレー校 経済学部 教授

ジェームズ・ヘックマン

ジェームズ・ヘックマン

シカゴ大学 経済学部 教授

精度の高い全体予測には、個の分析からの積み上げと、バイアス(偏り)の解消が求められる。そのために知っておくべき分析の本質、および分析力の身につけ方を2000年ノーベル経済学賞の両教授に尋ねた。

ダニエル・マクファデンカリフォルニア大学バークレー校 経済学部 教授

ジェームズ・ヘックマンシカゴ大学 経済学部 教授

PDF論文:20ページ[約1,966KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない