2002年6月号

マーケティングに統計学を活かす

実験計画法で投資対効果を高める

エリック・アルムキスト

エリック・アルムキスト

マーサー・マネジメント・コンサルティング バイス・プレジデント

ゴードン・ワイナー

ゴードン・ワイナー

マーサー・マネジメント・コンサルティング バイス・プレジデント

マーケティングは従来、経験則や勘をベースに仕事を進めたり、テストすべき要素を腕力勝負でしらみつぶしに調査したり、と現実的には科学から一歩離れたところにあった。それもそのはず、必要な要素が多すぎて、どれが効果をもたらしているのかを特定することが困難だったからだ。しかし、統計的テクニックを取り入れると、驚くほど正確に顧客の心をつかむ手段を見つけやすくなる。

エリック・アルムキストマーサー・マネジメント・コンサルティング バイス・プレジデント

ゴードン・ワイナーマーサー・マネジメント・コンサルティング バイス・プレジデント

PDF論文:12ページ[約1,173KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない