2002年6月号

ビジネス分析の実践技法

スピーディかつ十分な精度で意思決定する

菅原 章 :マッキンゼー・アンド・カンパニー アソシエート・プリンシパル

菅原 章

マッキンゼー・アンド・カンパニー アソシエート・プリンシパル

ビジネスにおける分析は、よりよい意思決定をするためのツールである。したがって第一義的には、想定される選択肢を、一定の精度で相対比較ができればよい。精度を追求しすぎて、スピーディな意思決定を妨げるようなことがあってはならない。効率的な分析は、そのまま業務全体の生産性向上につながるから、重複や無駄は極力排除するよう努めなければならない。本稿では、その道のプロフェッショナルが、マーケティング事例を基に、ビジネス・ニーズに適合した分析の実践技法を披露すると共に、テクニック上の鉄則と、ビジネス分析をする際の心構えを提言する。

菅原 章マッキンゼー・アンド・カンパニー アソシエート・プリンシパル

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない