2002年7月号

マーケティングの倫理

『連載』[抄訳]マーケティング発想法【最終回】

セオドア・レビット :ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

セオドア・レビット

ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

消費者が購買行動を取る際、買おうとする対象は、単に製品というわけではない。製品の機能がもたらす恩恵に対する「期待」を買うのである。したがってマーケティングは、製品機能による「約束」と楽しい「未来」を、シンボルにして投げかけることが必要である。消費者は、ありのままの現実を欲しているわけではなく、現実を美しく飾って提示されることを望んでいる。芸術と同様に、ある程度の事実の歪曲は求められているのだ。

セオドア・レビットハーバード・ビジネススクール 名誉教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない