2002年7月号

総力の結集 - 自動車ブームを迎えて

『連載』[抄訳]GMとともに【第7回】

アルフレッド P. スローン Jr. :ゼネラルモーターズ 元会長

アルフレッド P. スローン Jr.

ゼネラルモーターズ 元会長

スローンが社長に就任した1923年、初めて自動車生産が年間400万台を超えた。GM社内ではこうした自動車ブームに対処すべく、総力を結集しなければならない時が訪れていた。そのための課題は各種のマネジメント機能をうまく連携させること、つまり各事業部の自立性を保ちながら全社の調整を図ることであった。

アルフレッド P. スローン Jr.ゼネラルモーターズ 元会長

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない