2002年7月号

リッツ・カールトン:ハイタッチ・サービスの秘密

客室係の体験学習が明かす

ポール・ヘンプ :HBR誌 シニア・エディター

ポール・ヘンプ

HBR誌 シニア・エディター

Serviceという言葉には「神への献身」という意味があるという。これはシステムでもマニュアルでもない「自己犠牲の精神」によって実現しうる概念であり、真剣勝負の世界である。理論やIT(情報技術)だけではつかめない人間の機微をいかに読み、ライバルが真似できない顧客満足を提供するのか。1993年、サービス企業で初めてマルコム・ボルドリッジ賞を受賞したリッツ・カールトン――ヒューマンタッチのサービスの秘密を紹介する。

ポール・ヘンプHBR誌 シニア・エディター

PDF論文:14ページ[約1,613KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない