2002年8月号

財務コントロールの強化

『連載』[抄訳]GMとともに【第8回】

アルフレッド P. スローン Jr. :ゼネラルモーターズ 元会長

アルフレッド P. スローン Jr.

ゼネラルモーターズ 元会長

1920年代のゼネラルモーターズは財務上の問題を解決するため、予算配分ルールの策定、予測値を活用した在庫水準と生産量の調整などが実施された。さらに「事業部制を貫きながら全社の足並みを揃える」ため、各事業部の事業効率を把握・評価する手段としてROI(投資収益率)が利用されるようになった。これで財務コントロールが進んだのである。

アルフレッド P. スローン Jr.ゼネラルモーターズ 元会長

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない