2002年8月号

松下電器:グループ力の原点

すべてはお客様のために――自主責任経営に徹する

中村 邦夫 :松下電器産業 社長

中村 邦夫

松下電器産業 社長

「守るべきは理念であり、手法や手段ではない」と中村 邦夫社長は強調する。2000年11月に発表された「創生21計画」は「破壊と創造」を旗印に、長らく続いてきた製品別事業部制の見直しを決断したものだった。それは各方面に波紋を呼んだが、その真意は「真の自主責任経営」を改めて宣言することにあった。多くの日本企業においてグループ経営の再構築が迫られるなか、松下はいかにそのグループ力を覚醒させていくのか。トップ自らがその経営哲学を書き下ろす。

中村 邦夫松下電器産業 社長

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない