2002年9月号

エグゼクティブ・コーチングが失敗する時

心理的な問題を、行動やスキルの問題と誤診する危険性

スティーブン・バーグラス :カリフォルニア大学ロサンゼルス校 ジョン・E・アンダーソン経営大学院 研究員

スティーブン・バーグラス

カリフォルニア大学ロサンゼルス校 ジョン・E・アンダーソン経営大学院 研究員

エグゼクティブを対象としたコーチングが普及している。従来の心理療法士に代わり、元スポーツ選手や弁護士などがコーチとなり、必要なサポートを提供する。ところが、かえって弊害を招くようなケースが増えつつある。それは、コーチが体育会系のアプローチを強要したり、いたずらに新手の心理療法を適用してみたりするためだ。

スティーブン・バーグラスカリフォルニア大学ロサンゼルス校 ジョン・E・アンダーソン経営大学院 研究員

PDF論文:10ページ[約1,442KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない