2002年9月号

交渉にグローバル・スタンダードはない

異文化コミュニケーションの原則

ジェームズ K. セベニウス :ハーバード・ビジネススクール 教授

ジェームズ K. セベニウス

ハーバード・ビジネススクール 教授

英語はビジネスの標準語になったといってよい。しかし、歴史や文化、習慣やエチケットはさらなり、ガバナンスや意思決定プロセスといった文化的特徴を理解しなければ異国間交渉や異文化コラボレーションは成立しない。M&AやJVの日常化、B2B分野におけるグローバル化など国際的な協業体制が一般化しつつある現在、本稿では、多様性に対処するコミュニケーション・スキルについて、さまざまな実例を紹介しながら解説する。

ジェームズ K. セベニウスハーバード・ビジネススクール 教授

PDF論文:13ページ[約1,602KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない