2002年9月号

「ハーバード流」交渉学講義

【特別インタビュー】「勝ち負け」のゲームから「対等と共創」のソリューションへ

ロジャー・フィッシャー :ハーバード大学 ロー・スクール 名誉教授

ロジャー・フィッシャー

ハーバード大学 ロー・スクール 名誉教授

世界的な大ベストセラー "GETTING TO YES"の著者である、ハーバード大学ロー・スクール名誉教授ロジャー・フィッシャーは「交渉には普遍的な実践体系がある」と言う。その神髄は、互いの立場ではなく、隠れた利害に焦点を当て、実質的な合意に達することにある。本稿では、その豊富な国際紛争調停の経験を開陳しながら、説得と交渉の関係、交渉の基本プロセス、交渉体系など、ハーバード流交渉学の要諦をわかりやすく解説する。

ロジャー・フィッシャーハーバード大学 ロー・スクール 名誉教授

PDF論文:12ページ[約1,466KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない