2002年10月号

創発のシミュレーション技術

エージェント・ベースト・モデルの応用

エリック・ボネイボ :エコシステム 主席研究員

エリック・ボネイボ

エコシステム 主席研究員

「チョウが舞うと竜巻が起こる」というカオス理論の例えのように、小さな振る舞いが相互に作用し、集積すると、一見何の因果もなさそうな、大きな振る舞いを引き起こす。すなわちこのような「創発」現象はビジネスの各所で見られる。この創発をシミュレーションし、管理するツールこそ「エージェント・ベースト・モデル」であり、導入企業も急速に増えつつある。複雑系科学は着実にビジネス領域へ浸透しつつあるようだ。

エリック・ボネイボエコシステム 主席研究員

PDF論文:11ページ[約1,402KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない