2002年10月号

パラノイアは「悪」ではない

信頼は時にはあだとなる

ロデリック M. クレイマー :スタンフォード大学 ビジネススクール 教授

ロデリック M. クレイマー

スタンフォード大学 ビジネススクール 教授

信頼が存在することで、人間関係、いわんや組織は成立している。しかし、信頼を信用と履き違えたり、ましてや過剰に信頼しすぎたりすると、手痛いしっぺ返しを食らうことになる。インテル元CEOのアンドリュー・グローブはかつて「パラノイアだけが生き残る」と繰り返し述べていたが、多忙な人ほどパラノイアが必要であり、その必要性を心のどこかに刻んでおくべきである。

ロデリック M. クレイマースタンフォード大学 ビジネススクール 教授

PDF論文:14ページ[約2,532KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない