2002年10月号

変わる社会、持続する構造

【特別インタビュー】「タテ社会」の本質を知る

中根 千枝 :東京大学 名誉教授・日本学士院 会員

中根 千枝

東京大学 名誉教授・日本学士院 会員

組織の変革が叫ばれているのは、今日だけではない。それは年中行事のように、どの時代でも必要とされてきた。そうであっても、いまなお組織変革が必要とされるのはなぜか。それだけ、組織構造は変化しにくいものである。組織はリーダーや制度によって大きな影響を受けるが、それとて小手先の改革論にすぎない。組織を変革させるには、組織の根底に流れる社会構造を理解することが出発点となる。

中根 千枝東京大学 名誉教授・日本学士院 会員

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない