2002年10月号

変革意識を醸成する社内キャンペーン戦術

社員の支持を取りつけ、浸透させ、確実に実行する

ラリー・ヒルシュホーン :センター・フォー・アプライド・リサーチ 所長

ラリー・ヒルシュホーン

センター・フォー・アプライド・リサーチ 所長

大規模な企業変革には、さまざまな苦痛が伴い、その実務たるや複雑極まりなく、成功率もいたって低い。その最大の要因は、時間の経過と共に変革プログラムが拡散し、担当者の能力を超えてしまうことにある。そこで、変革運動を「キャンペーン」と再定義し、「社内政治キャンペーン」「マーケティング・キャンペーン」「軍事的キャンペーン」の三つにシステム化し、三位一体で同時進行させる。そうして社員の心をつかみ、経営資源を正しく配置する。これが変革を成功に導く。

ラリー・ヒルシュホーンセンター・フォー・アプライド・リサーチ 所長

PDF論文:12ページ[約1,619KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない