2012年2月号

職場に「真実の協力」を生み出す

社員の積極性と生産性を高める6つのルール

イブ・モリュー :ボストン コンサルティング グループ シニア・パートナー&マネージング・ディレクター

イブ・モリュー

ボストン コンサルティング グループ シニア・パートナー&マネージング・ディレクター

「フォーチュン500」を調べたところ、業績目標の種類がこの50年間で約6倍になっていた。また欧米の上場企業100余社の調査では、過去15年間で各種社内手続きの数が50~350%も増えているという。 このような官僚化と複雑性のせいで、社員の生産性と満足度は低下の一途をたどっている。あらゆる社員が、上司に指示されることなく能動的に行動し、チーム内はもとより他部門の同僚とも積極的に協力する──。そのような理想の職場をつくるには、完璧に設計された制度や仕組み、経済的インセンティブよりも、むしろ単純明快な指針があればよい。 本稿では、筆者が「スマート・ルール」と呼ぶ6つのツールを紹介し、真実の協力を実現するマネジメントについて解説する

イブ・モリューボストン コンサルティング グループ シニア・パートナー&マネージング・ディレクター

PDF論文:13ページ[約2,550KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない