2002年10月号

組織デザイナーのホリスティック思考

真の変革は部分最適では実現しない

横山 禎徳 :建築・組織デザイナー

横山 禎徳

建築・組織デザイナー

痛んだ細胞を取り除くだけで、病気が治るわけではない。細胞全体の回復力を高める免疫力を向上させなければ、健康な体は獲得できない。組織の病理も、部分最適の対症療法では限界がある。一つの有機体として全体を俯瞰して対処する発想が必要なのだ。変革の名の下、多くの企業が組織改編に乗り出している。しかし、その多くは組織のハードウエアに手を加えているにすぎない。そこに欠けているのは、組織運営のソフトウエアを含めた設計思想である。

横山 禎徳建築・組織デザイナー

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない