2002年11月号

ケース・スタディ学習法

ビジネス・リーダー教育のベスト・プラクティス

髙木 晴夫 :慶應義塾大学 ビジネススクール 教授

髙木 晴夫

慶應義塾大学 ビジネススクール 教授

ケース・メソッドは、ハーバード大学ビジネススクールに始まり、欧米のほとんどのビジネススクールで採用されている実践直結型のトレーニング方法である。しかも、MBAプログラムにとどまらず、AMPといったトップ・エグゼクティブ向けのトレーニングにも活用される。しかし、日本に目をやると、このケース・メソッドを組織的に提供しているのは、残念ながら、慶應ビジネススクールしか存在しない。本稿は、いまやグローバル・スタンダード化しているケース・メソッドの目的と効果について概説する。

髙木 晴夫慶應義塾大学 ビジネススクール 教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない