2003年1月号

政府の組織論

個人が自由であるためには「バランス」が何より重要である

ヘンリー・ミンツバーグ :マギル大学 クレグホーン寄付講座 教授

ヘンリー・ミンツバーグ

マギル大学 クレグホーン寄付講座 教授

社会主義国の崩壊により旧西側の人々は、資本主義が勝利したと考えた。そうではなく、バランスが勝利したのだ、とミンツバーグは言う。これを踏まえ、政府のマネジメントについて組織論の観点から考察したのが、本稿である。組織を所有の形態から四つに分け、政府のモデルを五つに分類する。しかし、どれもベストなものではない。大切なのはバランスを取ることであり、それが民主主義と個人を守るのだ。

ヘンリー・ミンツバーグマギル大学 クレグホーン寄付講座 教授

PDF論文:13ページ[約2,266KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない