2003年2月号

正しい苦言の呈し方

部下のやる気を損わない

ジャン=フランソワ・マンゾーニ :INSEAD 准教

ジャン=フランソワ・マンゾーニ

INSEAD 准教

直属のマネジャーにすればマイナス査定を部下にフィードバックするのは、何とも憂鬱で、できることならやりたくない。フィードバックをそのまま納得させようと、部下の人間性や自分の固定観念で判断したフレームで、あたかも雌雄を決するかのように取り組めば、だれも何も得ない結果に終わるのは必至だ。本稿では、固定観念と「勝負」の志向を排除することを中心とした、上司としての職責を十分に果たしつつ、部下の力をさらに高めるフィードバックのフレーム構築の考え方を示す。

ジャン=フランソワ・マンゾーニINSEAD 准教

PDF論文:8ページ[約1,031KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない