2003年2月号

リターン・マップ:時間対効果の最適化

【特別インタビュー】【名著論文再掲】 プロジェクトの進捗を可視化する

チャールズ H. ハウス

チャールズ H. ハウス

ヒューレット・パッカード ゼネラル・マネジャー

レイモンド L. プライス

レイモンド L. プライス

ボーイング 能力開発ディレクター

製品を最短期間で開発するには、クロス・ファンクショナル・チームが効果的といわれるが、実際は、メンバーたちは相互理解の不足に悩まされ、効果的な意思決定ができずにいる。HPが開発したリターン・マップは、製品開発プロジェクトの時間対効果を可視化し、部門間の共通の目標を設定するのに役立つ。

チャールズ H. ハウスヒューレット・パッカード ゼネラル・マネジャー

レイモンド L. プライスボーイング 能力開発ディレクター

PDF論文:12ページ[約1,446KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない