2012年2月号

プロフェッショナルの「超」仕事術

マルチタスクを支える6つの原則

ロバート C. ポーゼン :ハーバード・ビジネス・スクール 上級講師

ロバート C. ポーゼン

ハーバード・ビジネス・スクール 上級講師

ビジネス・リーダーならずとも、仕事に携わる人ならばだれでも、仕事の生産性と質を向上させたいと考えるだろう。本稿の筆者、ロバート C. ポーゼンは、投資信託会社のトップ、弁護士、政府高官、そしてビジネス・スクールやロー・スクールの教授など、さまざまな領域で活躍し、成功を収めてきた。 このようにマルチタスクを平然とこなし、しかも常人以上のパフォーマンスを実現できる秘訣とは何か。ポーゼンいわく「6つの原則に従っている」という。それは、「おのれの『比較優位』を理解する」「費やす時間ではなく成果に焦点を合わせる」「まず考えよ。読んだり書いたりするのは二の次である」「準備はするが変更はいとわない」「部下に自分の場所を持たせる」「何事も短く簡潔に」である。彼の超一流の仕事術から、自分の生産性を高めるヒントを探る。

ロバート C. ポーゼンハーバード・ビジネス・スクール 上級講師

PDF論文:8ページ[約1,660KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない