2003年3月号

カリスマCEOの呪縛

属人性に依拠することの危険性

ラケシュ・クラナ :ハーバード・ビジネススクール 組織行動学 助教授

ラケシュ・クラナ

ハーバード・ビジネススクール 組織行動学 助教授

CEOには何より「カリスマ性」が期待される。しかし現実には、業績との相関性は乏しく、企業文化が損なわれたり、最悪、赤字や破綻に至ったりするケースも少なくない。AT&Tのマイケル・アームストロング、コダックのケイ・ホイットモア、フォードのジャック・ナッサー、エンロンのジェフ・スキリング等々、枚挙に暇がない。それでも人々の「白馬の騎士症候群」は止むことはなく、カリスマの到来を待ち続ける。本当にカリスマCEOは必要なのか。いまこそ理性的な判断が求められる。

ラケシュ・クラナハーバード・ビジネススクール 組織行動学 助教授

PDF論文:10ページ[約2,035KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

2004年6月号

新たな地平を切り拓く

2004年:パワー・コンセプト20選

『ハーバード・ビジネス・レビュー』編集部 

ラケシュ・クラナ ハーバード・ビジネススクール 組織行動学 助教授

リチャード・フロリダ トロント大学ロットマン・スクール・オブ・マネジメントのユニバーシティ・プロフェッサー

エイドリアン・スライウォツキー マーサー・マネジメント・コンサルティング マネージング・ディレクター

デイビッド・ナドラー マーサー・デルタ・オーガニゼーショナル・コンサルティング CEO兼会長

ダイアン L. クーツ 元『ハーバード・ビジネス・レビュー』シニア・エディター

クレイトン M. クリステンセン ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ジョエル・クルツマン プライスウォーターハウス・クーパーズ グローバル・リード・パートナー

ロバート・サットン スタンフォード大学 エンジニアリング・スクール 教授

ダンカン・シメスター マサチューセッツ工科大学 スローン・スクール 助教授

ダニエル H. ピンク 著述家

ジョセフ・フラー モニターグループ CEO

ブロンウィン・フライヤー ハーバード・ビジネス・レビュー シニア・エディター

クリス・メイヤー 著述業

ハーミニア・イバーラ INSEAD教授

ガーディナー・モース 『ハーバード・ビジネス・レビュー』のシニア・エディター。

イクバル・クアディール グラミンフォン 創設者

エレン・ピーブルス HBR シニア・エディター

クレイ・シャーキー ニューヨーク大学 教授

トーマス A. スチュワ HBR 編集長

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない