2003年3月号

自己組織化の条件

【特別インタビュー】 真の組織変革は環境適応ではない

今田 高俊 :東京工業大学大学院 教授

今田 高俊

東京工業大学大学院 教授

環境変化に合わせて、組織を変えることは、いまやどの企業にとっても至上命題となっている。しかし、社会学者の今田高俊氏は、組織が外圧によって変わるのは第二級の適応にすぎない、組織の内なる力で変わるのが、第一級の適応だと言い切る。外的な圧力によってしか変われない受動的な組織は、結局取り残されてしまうのである。ならば、自らを破壊し創造する能動的な組織になるには、どうすればよいか。システム論の視点から、自己組織化のメカニズムについて聞いた。

今田 高俊東京工業大学大学院 教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない