2003年4月号

モチベーションとは何か

二要因理論:人間には二種類の欲求がある

フレデリック・ハーズバーグ :ユタ大学 特別教授

フレデリック・ハーズバーグ

ユタ大学 特別教授

社員や部下を動機づけようと金銭的インセンティブや諸制度を充実させるが、これらは「衛生要因」と呼ばれるもので、これだけではモチベーションは高まらない。モチベーション研究の第一人者であるハーズバーグはこの衛生要因のほかに「動機づけ要因」という人間的成長や仕事の充実を促す要因の重要性を指摘した。これは「衛生・動機づけ理論」、もしくは「二要因理論」と呼ばれる。なお本稿は、これまで100万部を超えるリプリントが行われた歴史的な名論文であり、いまなお読み継がれている。

フレデリック・ハーズバーグユタ大学 特別教授

PDF論文:15ページ[約1,770KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

2003年4月号

株主価値経営が招いたガバナンスの形骸化

経営者報酬の健全性を問う

エリック・ロイター フィディリティ・マネジメント・アンド・リサーチ・カンパニー 副社長兼法務顧問

ピーター・クラップマン TIAA‐CREF シニア・バイス・プレジデント兼首席投資顧問

ジェイミー・ハード インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ CEO

ジョー・バケルダー バケルダー法律事務所 シニア・パートナー

ジョン・イングランド タワーズ・ペリン プリンシパル

グレッグ・ロー ゼネラルモーターズ グローバル報酬・コーポレート・ガバナンス担当取締役

エドガー S. ウーラード Jr. 元デュポン CEO

パール・メイヤー パール・メイヤー・アンド・パートナーズ 社長

ブライアン・ホール ハーバード・ビジネススクール 助教授

ハンク・バーネット ベスレヘム・スティール 名誉会長

ウォーレン・バッツ 全米取締役協会 理事

E. ノーマン・ビーシー デラウェア州最高裁判所 長官

チャールズ・エルソン デラウェア州立大学 エドガー・S・ウーラード Jr.記念講座 教授 同大学コーポレート・ガバナンス・センター 所長

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない