2003年5月号

計画しても「第二のキャリア」 は成功しない

内省より試行錯誤を

ハーミニア・イバーラ :INSEAD 教授

ハーミニア・イバーラ

INSEAD 教授

「計画して実行する」という従来型のキャリア転換法では、多くの場合、成果ゼロという空しい結果に終わってしまうだろう。真に自分に合った新しい道を探すには、内省ではなく、行動に時間とエネルギーを費やすべきである。「試行して学習する」という新しいアプローチは、自己のワーキング・アイデンティティを見出すのに効果的な手法である。

PDF論文:13ページ[約1,472KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない