2003年6月号

それでも階層組織はなくならない

フラット組織は万能なのか

ハロルド J. レビット :スタンフォード大学 ビジネススクール 名誉教授

ハロルド J. レビット

スタンフォード大学 ビジネススクール 名誉教授

ドラッカーやギフォード・ピンチョーをはじめ、他の経営学者やコンサルタントも、中央集権的なヒエラルキー組織はフラットで機動性あふれる組織へと移行すると予測している。しかし、依然としてヒエラルキーは繁栄し続けている。本稿は、なぜヒエラルキーが存続し続けるのか、その理由についてさまざまな角度から論じる。

ハロルド J. レビットスタンフォード大学 ビジネススクール 名誉教授

PDF論文:10ページ[約1,364KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない