2003年6月号

ストック・オプションはやはりコストである

費用計上の正当性を検証する

ツビ・ボディ

ツビ・ボディ

ボストン大学 ビジネススクール 教授

ロバート S. キャプラン

ロバート S. キャプラン

ハーバード・ビジネススクール 教授

ロバート C. マートン

ロバート C. マートン

ハーバード・ビジネススクール 教授

現在、ストック・オプションを費用計上する義務はなく、その是非をめぐって侃々諤々の議論が交わされている。ただし、そもそも価値の移転を伴う取引を計上するのは会計の原則である。本稿では、いまだ繰り返される議論に終止符を打つべく、これらの主張に真っ向から反論し、ストック・オプションを費用計上する正当性を検証する。

ツビ・ボディボストン大学 ビジネススクール 教授

ロバート S. キャプランハーバード・ビジネススクール 教授

ロバート C. マートンハーバード・ビジネススクール 教授

PDF論文:16ページ[約2,465KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない