2003年6月号

プライシングと消費者心理

価格設定だけがすべてではない

ジョン・ゴービル

ジョン・ゴービル

ハーバード・ビジネススクール 助教授

ディリップ・ソマン

ディリップ・ソマン

香港科学技術大学 ビジネススクール 助教授

プライシングは概して需要を喚起するマーケティング施策と考えられている。実際、ほとんどの企業がこの域にとどまっている。このように一時的な需要を喚起するプライシングは顧客維持率と顧客満足度を低下させているという。むしろ、消費(利用や経験)の頻度を高めるように巧みなプライシングによって消費者心理に働きかけることで、この問題を解決できる。

ジョン・ゴービルハーバード・ビジネススクール 助教授

ディリップ・ソマン香港科学技術大学 ビジネススクール 助教授

PDF論文:10ページ[約1,973KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない