2003年6月号

ブランド・ポジショニングの最適化戦略

差別化ポイントは絶えず変化する

ケビン・レーン・ケラー

ケビン・レーン・ケラー

ダートマス大学 エーモス・タック・ビジネススクール 教授

ブライアン・スターンソル

ブライアン・スターンソル

ノースウェスタン大学 ケロッグ・スクール 教授

アリス・ティバウト

アリス・ティバウト

ノースウェスタン大学 ケロッグ・スクール 教授

ブランド・ポジショニングには、差別化に加えて「フレーム・オブ・レファレンス」「ポイント・オブ・パリティ」が重要である。落とし穴を避け、強いブランド・ポジショニングを確立するためのポイントを提示する。

ケビン・レーン・ケラーダートマス大学 エーモス・タック・ビジネススクール 教授

ブライアン・スターンソルノースウェスタン大学 ケロッグ・スクール 教授

アリス・ティバウトノースウェスタン大学 ケロッグ・スクール 教授

PDF論文:10ページ[約1,074KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない