2003年7月号

ロイズ銀行:VBM企業への転換

株主価値こそ組織の共通言語

ブライアン・ピットマン卿 :元ロイズTSB 会長

ブライアン・ピットマン卿

元ロイズTSB 会長

株主価値経営への疑問が呈されているが、ロイズ銀行を再生させたピットマン卿は一部の例外がその意義を歪めただけであり、依然このコンセプトは有効であると主張する。同行でもさまざまな抵抗があったが、やがては株主価値が組織の求心力となった。本稿は、ロイズ銀行がいかに総合化の罠から脱し、株主価値を追求する組織へと変身したか、その紆余曲折のプロセスのみならず、いかに学習する企業文化が育まれたかを語る。

ブライアン・ピットマン卿元ロイズTSB 会長

PDF論文:8ページ[約1,017KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない